アニメ『魔法少女まどか★マギカ』 第6話感想

キュウべえ、そういいう大切な事は最初に言ってあげなよ(笑)
ソウルジェムがその名のとおりの代物だったとは。
契約する前の事前確認の必要性はリアル世界と共通ですか・・・。
クーリングオフとか絶対なさそうだしね(^^;)

「皆を守らなくちゃ」と考えるさやかは一応魔法少女の王道を行っています。
ほむらや杏子と違って見ていて今は少し安心しますね。
ただ願いが叶っても少年の心がさやかに向くとは限らない。
戦いに疲れた時、その優しい心がいつか壊れてしまうのではないかと時々不安にもなります。
そんな彼女のソウルジェムをまどかが道路に投げ捨てました。
途端にさやかは抜け殻状態に・・・。
キュウべえから真実を聞かされるまどか達。
 『それじゃ私達ゾンビにされたようなものじゃないか!』
杏子の慌てぶりからすると彼女も知らなかったようです。
彼女達の動揺は当然のこと。
なのにキュウべえは『わけがわからない』とキョトン(^^;)
この辺の温度差が作品の面白さかなぁと。

さやかの【魂】はほむらが無事に回収してくれました。
マミの時もそうでしたが、やはり魔法少女達が危険に晒される時は必ず助けようとする彼女。
やはり彼女はいい人?
それとも何か理由があるのかな?

キュウべえが魔女の卵を背中から吸収してましたが、それは本当に安心していいことなのだろうか。
今後まどか達が魔女を倒し続け、その卵を吸い続けたキュウべえがラスボスって事になったりしそうでちょっと恐い。
できればキュウべえはそのままのキャラでいて欲しいな。
正義の使者なのに、悪魔にしかみえないっていう(笑)


↓ソウルジェムが真っ黒になった時、その魔法少女の運命は・・・
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ



"アニメ『魔法少女まどか★マギカ』 第6話感想" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。