Secret∞Code

アクセスカウンタ

zoom RSS 『黒執事』にハマってしまったヨ\(´∀`)丿  アニメ感想一挙まとめ

<<   作成日時 : 2010/10/05 13:34   >>

驚いた ブログ気持玉 4 / トラックバック 1 / コメント 0

アニメ『黒執事』にハマっていたらいつの間にか季節はすっかり秋でした(笑)
そうなんです。
今さらながら『黒執事』にハマってしまいました\(´∀`)丿
数年前に執事ブーム到来した時に、のっかってみようと漫画を試しに2巻まで購入したのですが、「あくま(悪魔)で執事」はまぁ許容範囲内だったのですが、グレルさんの「執事DEATH★」に、なんかイラッとするようなゾワッとくるような感覚にさいなまれ、このまま駄洒落でずっといくのかと想像した途端『黒執事』は放棄してしまったのですが・・・。
まさかこのような事態になるとは想定外でした(笑)

最近「黒執事U」なるものを知って、そういやシエルってなんだかルルーシュっぽい雰囲気だったから、いつか黒執事ネタで小説書きたかったんだよなぁと思い出しつつ、参考までにちょっと見たのがいけなかった(笑)
ガッツリとハマりました★
黒執事Uが最終回を迎えてから、レンタル屋で一気に1stシーズンを見ました。
前後逆になってしまったわけですが、そりゃあ面白かったよ(≧▽≦)



そんなわけで以下感想★


★OP&ED
まずは2期から。
「SHIVER」いい曲ですね。
絵も綺麗。
っていうか、このOPで『黒執事』にハマったといっても過言ではない。
冒頭でシエルが無愛想に手を差し出してセバスに指輪をはめてもらうシーンとか!
クロードの手に囚われたっぽいアロイスに対して、シエルの方はセバスの手を振りほどいて顎で『ついてこい』という仕草をとるとことか!!
そんなシエルに『やれやれ仕方ないですね』みたいな表情のセバスチャンとかッ!!
満たされた表情のシエルと、どこまでもお供します的なセバスの二人が最後は風に吹かれて花びらと共に散って消えるトコとかッ!!(←ここは最終回のシーンを彷彿させます)
なんかこのOP超好きなんですけど("▽"*)
でもって、EDの歌「Bird]がまた凄くイイ!
横たわるシエルの絵がキレイです
OPは2回だけアロイスバージョンありましたがこちらも好きですね♪
一度だけkalafinaの曲でアロイスのEDが流れた時はちょっと泣きそうだった(ToT;)

1期のOPは「モノクロのキス」
おおおぅ!
シドじゃないかッ!!
好きだ〜\(´∀`)丿
絵も2種類も楽しめたので満足満足♪
EDは「Im ALIVE」
こちらはEDの絵が可愛くて凄く好きです("▽"*)
テンポ良い音楽ともあってますね。
執事セバスチャンの一日(笑)
ずっとリピートして見ていたいです♪


★ストーリー
BLの香りがプンプンするこの作品ですが、それよりも何より衝撃的だったのがTとU、どちらも凄いギャグアニメだったことです。
これには驚かされました。
確かに原作はギャグ要素が盛り込まれていましたが、まさかここまでとは。
3巻から未読なのですが原作もこんな感じなのかな?
イケメン揃いの絵や復讐劇というストーリーからは想像できない面白さです。

個人的にツボだったもの

1.セバスチャンの次回予告。
2.タナカさん。
3.グレルの乙女心
4.ウィリアムの枝きりバサミ(伸縮性有)
5.「そこ、カレー食わない」

1.クロードの華麗なタップダンス
2.クロードの割烹着姿
3.セバスチャンVSクロード(子供のケンカ)
4..串刺しでも動ける3つ子
5.クロード迷言集

・・・などなど、面白要素がてんこ盛り★

ところで・・・。
BLやギャグとかはちょっと置いとくとして、物語が進んでいくなかでのシエルの心境やら【悪魔】であるセバスチャンの人間に対する感情とかの方も注目したいです。
特にセバスチャンの感情を掘り下げて考えていくと面白そうですね。
彼なりの美学とか。
人間を見下しているような、それでいてどかか惹かれているようなところとか。
個人的に印象的だったのはアグニに「友達」と呼ばれて珍しく戸惑っているところと、シエルの意に反してアバーラインの死を黙認したところです。
人間に歩み寄っているのかと思えば、契約以外の事ではバッサリ切り捨てる。
逆にそういうところが、この作品の魅力のひとつかなぁと。
その昔シエルが誘拐犯にボコボコにされても、セバスチャンの気がかりはディナーの準備だったという(笑)
シエルの方はというと、彼はエリザベスやアバーラインが絡むと面白いですね。
「復讐こそ全て」という彼の闇に相反するようなキャラの登場で、シエルの心に多少なりとも小波がたつわけですから。
そして小波がたったところで、悪魔と契約を交わしてしまった以上、自分には未来がないという現実も理解している。そんなシエルの苦悩も物語の魅力だと思います。


★毒
最終回でクロードに寄り添うハンナはちょっと唐突すぎました。
なんとなくクロード、ハンナ、アロイス、ルカと最終的に4人家族みたいにまとまってしまったのはちょっと残念。
同人誌とかだったらありなんだけど・・・。
なんか『魂喰われても全然OKだったよ〜♪』みたいな感じで軽すぎる気がしました。
まぁ、アロイスにとってはある意味幸せな結末だったので、そういった表現になるのは仕方ないのかもしれませんが、そもそも悪魔に【魂を喰われる】という状態が人間にとってどういった事なのかブレてしまうのではないでしょうか。
そのことでシエルとセバスチャンの契約自体、なんとなく重みがなくなってしまった感じがしました。
魂を喰われた後のその人間の心情は何も描写しない方が、より残酷で切ない感じがして私は好きです。
そういった意味では1期のラストシーンが、今まさに魂を喰らおうとするセバスチャンのアップで終わったのは良かったと思います。


★BL
やはり主従関係は王道でしょう。
しかも立場的には「従」のほうが上という(笑)
OPでも熱く語ったように私はセバシエです★
というか、BLではシエル単体にハマった感じです。
なのでセバスチャンはBL的には単体で好きというよりはシエルとセットになってはじめて好きになる。
このへんは同じBL目線にしたらギアスと少し違うようです。

個人的に萌えだったもの

1.甲斐甲斐しくシエルの世話をする執事セバスチャン
2.駒鳥コルセットに苦しむシエル
3.盗撮を企むシエルと全てお見通しのセバスチャン
4.バイオリンのお稽古
5.「オジサン」呼ばわりされてムッとするセバスチャン(番外編より)

1.トランクに収まっているシエル
2.女性には紳士で意外と漢前なシエル
3.抱っこされたまま暴れるシエルと、されるがままのセバスチャン
4.シエルを盗られて負のオーラ全開のセバスチャン
5.悪魔シエル&永久就職したっぽい執事セバスチャン

・・・などなど萌え要素がてんこ盛り★
他にもカップリングはともかく、個々に胸がキュンキュンするシーンやセリフがいっぱいで、とても楽しめます("▽"*)("▽"*)("▽"*)


★声優
シエル:坂本真綾さん
どちらかというと声優さんというよりアニメの主題歌を歌うアーティストのイメージが強かったです。
彼女の歌はどれも大好き♪
なので少年ボイスを聞いたとき驚きました。
そして最近になってEVAのマリ役だった事を知って2度ビックリしました。

セバスチャン:小野大輔さん
人気の高さは風の噂で知っていましたが、実はあまりよく知らない未知数な声優さん。
福山さんのとき同様、気づいてないだけで結構聞いているのかもしれません。
今後彼の出演されてる作品をちょっとずつチェックしてみようかと。

クロード:櫻井孝弘さん
個人的には明るい好青年ボイスが好きなのですが、こちらはまた別な魅力があります。
まさかここでも「イエス・ユアハイネス」が聞けるとは思いもしませんでした!
同じセリフなのにスザクがユフィに対して使った時とは雰囲気が全然違います。
そして意外と『イケメンなのに様子のおかしなキャラ』がハマり役である事に気づいた(笑)

アロイス:水樹奈々さん
紅白に出演されたりと、もはや声優というより芸能人というイメージがあります。
でも歌はまだ聴いたことがなかったり(^^;)
プリキュアのつぼみちゃん。
ヤンデレなアロイスとのギャップに声優って凄いんだなって改めて思う。

ハンナ:平野綾さん
こちらも水樹さん同様芸能人というイメージ。
声優さんとしては涼宮ハルヒ役としての知識しかないのですが、ハンナの色っぽい声が好きです。
今後他の作品も要チェック。

グレル:福山潤さん
おネエ系キャラがこんなにもハマるとは!
そして活字では受け入れられなかったセリフも、言葉にすればすんなり受け入れられてしまう。
これが福山マジック★
それにしてもここでも『土の味』を味わうとは(笑)

他にも旬な声優さんがいっぱい出ていて、なんだかとても豪華でしたね。
それもこの作品の醍醐味かと。


このように作品としてもBLとしても一気にハマってしまった『黒執事』。
これから原作の方も、もう一度最初から読んでみようかなぁと。
たぶん活字の「執事DEATH★」には免疫がついてるハズ(笑)
聞いた話ではアニメでは出てこなかったサーカス団のエピソードとかもあるようで・・・。
ちょっと気になります。
賛否両論ある最終回でしたが、私はああいう最終回もアリだと思います。
シエルが復讐を成し遂げた記憶が戻ったのに契約が続いたままなのは正直釈然としませんが、主従関係のある悪魔二人が薔薇に囲まれて彷徨う姿は素直に綺麗だなと思いました。
最初からハッピーエンドはありえない作品。
それでもシエルも、そして実はセバスチャンにもどこか満たされた部分があるのではなかろうかと、深読みしてみたくなる最終回でした。


↓あくまで坊ちゃん・・・『いいものだ〜いいものだ〜いいものだ〜』("▽"*)
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ







テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
驚いた 驚いた
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
かわいい

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
黒執事(10) (Gファンタジーコミックス) |枢 やな
黒執事(10) (Gファンタジーコミックス)枢 やなスクウェア・エニックス 刊発... ...続きを見る
教えてください
2010/10/09 07:21

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
『黒執事』にハマってしまったヨ\(´∀`)丿  アニメ感想一挙まとめ Secret∞Code/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる